いい四字熟語【良樹細根】をご紹介します。

良樹細根

皆さんこんばんわ!大英個別指導学院妙興寺の横井勇人です。今日も一日元気よく授業ができるために、朝はトレーニングジムで汗を流してきました!w

最近体重が増えてしまったので、何とか元の体重に戻さなければ・・・生徒にも太った!って言われてしまい本当にやばいです!

15㎏痩せる!と公言したので、それを実現させ、継続は力なり!ということを見せつけてやろうと思います!明日もジム行って頑張ります(´▽`*)

良樹細根という良い四字熟語

良樹細根という言葉を知っていますか?先日の本部会議の話で出た言葉なのですが、これがまぁすごく良い言葉なので紹介したいと思います。

子ども達、もちろん大人の人達にも知っておいてほしい言葉だなと思いますので、是非このまま読んでいってくれると嬉しいです。

【良樹細根】・・・細かく根が張っている木は枝葉もよく茂る木になるという意味

ちなみにこの四字熟語の読み方ですが【りょうじゅさいこん】です。細い根ではなく、こまかい根という意味でつかわれていますので注意してください。

この言葉がなんでいい言葉なの?と感じるかもしれませんが、

この言葉を人間に当てはめて考えてみてほしいんですよね。

子どもたちにこんな質問をしてみました

良樹細根

僕はホワイトボードにこのような絵を描いて、生徒に尋ねました。

ながの
大きな木があります。
見えないけど、この木の根っこはどうなってると思いますか?

すると子どもたちは全員「根もすごく長かったり、太かったり、たくさん栄養が吸えるように根がしっかりしていると思う」と言うような回答をしました。

まぁ当然と言えば当然ですよね。

良樹細根

そう、立派な木って言うのは、根がしっかりしている。見えないけど容易に想像がつきますよね。

※めっちゃ適当にイラスト描いたんで気持ち悪い絵になってますw

これを人間に置き換えて考えてみましょう。

何か、大きなことを成した人はものすごく努力をしている。

僕は大きなことを成している人は絶対に努力をしていると確信しています。

大きなこと=大きな木(良樹)

努力=(しっかりとした土台である根っこ)

と考えましょう。

中高生で例えるならテストの結果です。
テストでいい結果を残した子は、どこかでそのための努力を怠っていません。日々日々一生懸命根を張り、頑張ってきたからこそいい結果を残せるのです。

その日々の頑張りは見えにくく

その子の結果だけを見て、「お前は頭が良いからいいよな!」「俺はバカだから仕方がない!」って言ってしまう子もいるのですが、そうじゃないんです。努力をしているんです。

もう一度思い出してください。良樹細根。根が細かい木は枝葉も良く茂るという意味でしたね。

地面に埋まっている根っこ(努力・土台)は見えません。でも必ず良い木は根っこがしっかりしているんです。

だから、人の結果を妬む前に、まずは自分の努力と向き合いましょう。すぐに結果が出ないかもしれません。それでも努力をし続けることをあきらめないでください。

根っこがしっかりしていれば、必ず良い木が育つんだから。

どういった努力が土台をしっかり作れるのか

努力には2種類あります。

①できることを繰り返し行う反復の努力

②できないことを探求し求めて知識を得るための努力

先に言っておきますが、両方大事です。簡単に言えば反復とチャレンジの二つの努力です。

できることを繰り返す。できないことをできるようにする。この二つがあなたの根をしっかりと作り何かを成す土台になります。

植物の根はなぜ伸びる?

植物の根はなぜ伸びるかご存じですか?あれは地面が乾いて植物が水分を求めるときに伸びていくんですよ。

よく、植物は水をあげすぎると枯れてしまうと言いますが、乾きを与えず常に水分を外部から与え続けると、植物は根を伸ばす必要がなくなってしまい枯れてしまうんです。

人間で言えば、良かれと思って外部から「あれをしなさい!」「これをしなさい!」「これはしたらだめ!」と与えすぎると、自分ひとりの時、大きな問題にぶち当たっても解決できない。と言う状況と一緒です。

だからこそ自分で探求する努力を怠らない

できないことへのチャレンジはきっと大変でしょう。多くの子どもたちが、めんどくさくてやりたくなくなってしまうのですが、僕はここが自分を強くする一番のポイントだと思っています。

諦めないでください。できないことにぶち当たってもやる気をなくさないでください。それを乗り越えた時、大きな成長が待ってます。

どうしてもわからないことは、他人に質問をしましょう。自分で探求する=他人を頼らないではありません。

先生に質問しても良いですし、塾に自分から通いたい!っていうのも良いです。使えるツールはどんどん使いましょう。

聞いた知識は、すぐに自分の知識にはなりません。反復練習をして繰り返し繰り返しその問題を考えましょう。これをすることで初めて自分の知識として残ります。

お問い合わせお待ちしております

長々とお話ししましたが、良い言葉じゃなかったですか?これを「ふーん」と流す人と、心で受け止めて少しでも行動が変わる人がいると思います。100人いたら100人が感動する話ではないかもしれない。でも少しでも努力をしよう!ってなった人はそれだけでもうプラスなんです。きっと成長できるでしょう。

勉強に悩んでいませんか?苦しんでいませんか?是非一度お話だけでも聞かせてください。お電話お待ちしております。お問い合わせは以下の電話番号、または大英個別指導学院の公式ホームページで可能です。

大英個別指導学院妙興寺校

住所:一宮市花池4‐9‐3
TEL:0586-47-5535

パスタ屋さんの五右衛門の目の前が妙興寺校です。よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

横井 勇人

塾講師歴15年。集団塾と個人塾両方を経験してきました。日々子ども達の笑顔を絶やさないように、試行錯誤しながら一宮で頑張っています! パソコン、読書、ゲーム、イラストが趣味、それが高じてイラストやwebデザインも仕事に繋がっています。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

塾講師歴15年。集団塾と個人塾両方を経験してきました。日々子ども達の笑顔を絶やさないように、試行錯誤しながら一宮で頑張っています! パソコン、読書、ゲーム、イラストが趣味、それが高じてイラストやwebデザインも仕事に繋がっています。 よろしくお願いします。